おしゃれで目立つラッピングカー
2019年6月9日

貸切バスにラッピング

貸切バスの車体は、今や街中を行く広告媒体となっています。

貸切バスの車体にフィルムを貼るラッピングがおこないやすくなってきたため、多くの企業が貸切バスを使う際に車体を広告用に使っています。自前のバスでなくてもラッピングしたフィルムをはがして返せばいいため、バス車体へのラッピングは気軽におこなえるものとなりました。バスの車体が大々的な広告に使われるということはこれまであまりなかったため、目立つ存在となり人目を引きやすく、高い効果が期待できます。

路線バスにラッピングするということもできないわけではありませんが、定期的に路線バスを利用している人々が、違うバスだと勘違いして乗りそびれる可能性もありますから難しいところです。その点、貸切バスなら安心です。貸切バスが独自の絵柄にラッピングされていると、乗客にとっても好都合となります。パーキングエリアや観光地などで一時下車したあと、バスに戻るときに迷わなくて済みます。

たいていパーキングエリアや観光地の駐車場には、大型観光バスがたくさん停車しているものです。乗客のほとんどは初めての場所ですから、戻るべきバスを探すときに迷うことが多いです。同じような車体のバスばかりであったら、フロントガラスの上の方に出ている表示だけが頼りとなりますが、近くまで行って1台1台確認していると、相当な距離を歩くことになり、時間もかかります。自分の乗ったバスの車体がどことも違う、印象に残るものであれば、そうしたことはなくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *