おしゃれで目立つラッピングカー
2019年6月15日

貸切バスへのラッピング

貸切バスの車体にフィルムを貼り付けるラッピングは、効果的な広告方法として注目されています。

バスの車体が広告に使われるということはまだまだ少ないため、変わった目立つ絵柄の車体のバスは、人目を引きます。多くの人々はその車体に注目し、文字まで読もうとします。どういうわけでそうした珍しい光景となっているのか、気にする人が多いからです。いつもとは違った風景が目の前に広がると、人々は注意を払います。街中の看板やポスターにはまったく注意を払わなくても、普通はオーソドックスなものであるはずのバスの車体が見慣れない派手で目立つものになっていると、どうしたことかと気になるものです。

バスの車体は、その点格好の広告媒体になると言えます。ラッピングは路線バスや高速バスの車体には、あまり向かないと言えるでしょう。耐久性が低いため、塗装の方がコストの面で結局はお得になります。貸切バスなら1度切りの運行に使うだけですから、耐久性が低くてもまったく問題になりません。

定期運行のバスの車体は、あまり奇抜なものにできないということもあります。急に見慣れない車体になると、利用者が違うバスだと見てしまい、乗れなくなる可能性があります。派手でセンセーショナルな印象の車体だと街の景観を損なうとして、苦情が寄せられるかもしれません。比較的自由な配色やデザインの絵柄にして目立たせることができるのは、貸切バスならではと言えます。ラッピングができる機会を持てるなら、利用したいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *