おしゃれで目立つラッピングカー
2019年6月21日

貸切バスをラッピング

貸切バスにフィルムを貼ってラッピングすると、どこにもないオリジナルな車体になります。

見慣れないバスであるため、道行く人から注目され、良い広告になります。路線バスや高速バスにラッピングするとなると、バス会社の許可を得る必要があり、許可を得られる可能性は高くはありませんが、貸切バスならそのようなことはありません。自由にラッピングできます。1回の運行で使ってあとは貼ったものを剥がせはいいので、塗装に比べてコストもあまりかかりません。特定の団体を運ぶ貸切バスなら、ぜひラッピングしたものです。

乗客も、目立つ車体であるため覚えやすく、バスをいったん降りて再び乗車するときに迷わなくて済みます。バスを降りる場所はパーキングエリアである場合が多く、駐車場にはたくさんのバスが停まっています。どのバスに戻ればいいかわからなくなることは往々にしてあるものです。ラッピングしてあれば、迷わずにすぐ戻って行けます。

塗装とは違い、絵柄も比較的自由自在にできるため、目立つ画像にできます。1回限りの使用であれば、なおさら大胆な画像を使用しやすくなります。常識の範囲内の画像で目を引くというのは、広告では大事なことです。街を走るバスの車体は、効率良い広告媒体となりますが、路線バスでできることには限界があります。あまり奇抜な絵柄にすることははばかられる傾向があるからです。しかし貸切バスなら、ある程度は許容されると見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *