おしゃれで目立つラッピングカー
2019年7月6日

配送車のラッピングの利点

トラックなどの配送車は荷物の配達・集荷のためいつも街中を走り回っています。

常に街行く人の目に触れるため、トラックの箱の部分にラッピングを施すと非常に目立って注目を集めやすいのではないでしょうか。この部分を広告媒体に利用できれば、掲載企業にとっては注目度が高く認知しやすい媒体でしょうし、トラックというすでに存在しているものを使用するので新たに作り出す労力や経費が削減することになります。トラックを運行する企業にとっては普段の営業活動をするだけで広告収入が入るわけで、とてもおいしい事業になるわけです。

トラックなどの配送車に広告を掲載する手法としての「ラッピング」ですが、一昔前前までは「塗装」で行っていました。映画のトラック野郎で描かれていたものを想像してもらうとわかりやすいですが、塗装は細かい部分まで描ける利点はありますが、作業に時間がかかることと、職人によって技術の差が生まれる難点があります。ラッピングはパソコン上でデザインを行うので時間がかからず発注者の要望通りに描くことが可能です。

できあがれば専用のフィルムに印刷するだけ、まったく手間がかからずパソコンが使える程度の知識があれば技術もほとんどいらないことが利点になります。専用のフィルムを配送車に貼り付けるのは、車の大きさにもよりますが数時間から半日程度で終わります。営業があるため作業に時間をかけたくないでしょうから、配送業者にとってもラッピング広告は良い選択になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *