おしゃれで目立つラッピングカー
2019年8月6日

営業車両のラッピングはインパクトも重要です

営業車両にラッピングをして、宣伝を兼ねたボディに仕上げる方法が認知されるようになり、ワンポイントで両側のドアにステッカーのように施工している車両も多い傾向にあります。

このシンプルな方法でも社名はきちんと把握できますが、もっとインパクトのあるデザインに仕上げると注目度がかなり変わります。古い時代から有名な企業などではイメージカラーを車体に施していることがあり、ライン上に色分けをしていることも多々ありました。

これらの方法はペイントによるものなので、単一的なカラーに限定されてしまいますが、今では営業車両にはラッピングを用いることができるので、イメージカラーだけではなく優れたデザイン性も発揮させられます。インパクトのあるデザインを考えるには、会社のイメージを左右させてしまうので、慎重に決めることは重要です。

会社が消費者から見て、どのような企業と判断されているのかをリサーチすることも一つの方法です。例えば面白い商品作りをしているイメージの会社であれば、該当する商品の写真をシートに印刷したり、キャラクターアイテムを販売している会社の場合、そのキャラクターを前面に出す方法も良い選択肢です。宣伝効果と共に、会社のイメージ作りに貢献することができるので、デザインの発案は大切なことです。デザイン作りで困ってしまった際には、敢えて新しいイメージを作り上げることもできます。堅苦しいイメージが付き纏っているような企業であれば、暖かみがあり明るいイメージのデザインへと営業車両をラッピングすると、会社に対する消費者の印象を良好にできる可能性が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *