おしゃれで目立つラッピングカー
2019年8月18日

営業車両にラッピングして自社のPRに活用しよう

最近、街を走る路線バスにラッピングを施したものをよく見かけます。

これは面積の広いバスの車体に広告・宣伝を書き込む事で、多くの人の目に触れ、宣伝効果が大きい事から増えているのです。路線バスでは自社のPRではなく、他の企業にスペースを提供する事で収入を得ると言う活用方法です。路線バスに広告・宣伝費を払ってでもラッピングするほどPR効果が高いのですから、自社が保有する車を活用して自社のPRを行わない事は機会損失と言えるほどもったいないと言えます。

自社が使用する配送車や営業車両を活用して、自社の動く広告塔とする事を検討すべきです。配送車や営業車両は、街中を得意先を巡回する様に走るのが一般的で、PR効果は絶大と言えます。特に営業車両へのラッピングでは、社名だけではなくデザインを熟慮し、自社の企業イメージに合致させれば、企業イメージの周知定着にも効果をもたらします。

また得意先に営業車両を停めて商談を行う際にも、相手の方がラッピングが施されているのを見ると、それが話題となる事も多く、こうした点もお客様との円滑なコミュニケーションに有効と言えます。ラッピングは車両のボディーに直接描くものはないため、簡単に外したり、張り替えたりが可能です。こうした利点を活かし、新製品を訴求したり、イベントの告知をしたり、その使用方法はアイディア次第で色々と広がります。何台も保有する営業車両の宣伝スペースを有効活用する事は、自社の資源を経営に最大限生かす方法の一つと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *