おしゃれで目立つラッピングカー
2019年9月6日

車をラッピングする目的

車のラッピングは車体へ専用のフィルムを貼り付けて、好みの色や質感・素材を表現することができる装飾です。

一般的には営業やバス・トラックなどに用いられていましたが、最近は一般のものへラッピングを施すことがあります。ファッションの一環として洋服を買えるように、フィルムで外観を変えることで独自の文化が生まれることも可能です。車のラッピングでフィルムを貼り付けるには、技術が必要になり複雑な曲線にも合わせる必要があります。曲線や大きな面積にフィルムを貼る場合は、基本的には技術を持っている施工業者へ依頼することになります。

個人のオーナーが自分でデザインを決め、個人でフィルムを購入し貼り付けることもあります。ファッションでボディの色を変えることもありますが、色を変えるといえば昔からある塗装が思い浮かびます。しかしこれは全く別物で、車のラッピングはいつでも剥がすことができますが、塗装の場合は元の色に塗り直す必要があります。

これが大きな特徴の一つで、塗装をしてしまうと改造扱いとなるので、下取りをしてもらう時は価格が下がります。しかし車のラッピングはフィルムを剥がすことで、何もなかったことになります。ボディーへフィルムを貼り保護するので、上面の状態は良く小傷などが付いていない状態で下取り価格が高くなります。そのままの質感でも良いですが、無地のシートへ好みのイラスト・デザインを印刷し貼り付けることも可能です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *