おしゃれで目立つラッピングカー
2019年9月18日

車両をラッピングしイメージチェンジをする

車両をラッピングする目的は、車の色を変えたい時に一般の塗装ではなく専用のシートを使って包装をする施工です。

シートには絵や柄などを自由に印刷することができるので、オリジナルのデザインを施すことができます。また塗装に比べて色むらがなく、塗装料が垂れて後になるという心配もありません。車体に傷をつけることがないので、気軽にどのような車両でもラッピングをすることが可能です。白い車を赤にして雰囲気を変えたい時に使えますし、使い勝手の良さが人気で色々な場面で活躍しています。

車のカラーを変えるだけではなく、短期間の企業PR活動や、個人的な趣味として利用されます。人の目をひくキャラクターなどをデザインすることで、オリジナル感も出ますし広告を打ち出すことも可能です。車を買ったが色が気に入らないので変更したい場合や、イベントの時だけ派手にしたいという時に塗装では不可能だったことも、車両のラッピングで自由自在に行えます。

最近がたくさんの企業が利用しており、ブランディングのツールとして使っていることもあります。施工された社用車などで絵柄を統一し、ブランディングを行えばさらに営業活動がしやすくなります。キャンペーンやイベントの時だけ装飾をしたり、季節に合わせて車のカラーを変更するケースもあります。施工時間も塗装とは違い短時間で素早く行えるところがメリットで、シートを貼るだけなので車体に傷をつけることがないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *